イスタンブールの群狼

「イスタンブールの群狼」 
ジェイソン・グッドウィン 著   和爾桃子 訳   ハヤカワ文庫

暇つぶしに書店で見かけたのを購入

舞台は1863年のオスマントルコ帝国下のイスタンブール
主人公は皇帝のハーレムにも出入りできる白人宦官
表紙にアメリカ探偵小説クラブ賞受賞とありますがこの設定で
もう勝ったも同然なような気が・・・

近衛新軍士官の失踪、見え隠れする近代化のために抹殺された
イエニチェリ軍団の影など推理小説かと思って買ったののですが
歴史ミステリー(サスペンスか?)でした
イスタンブールの生活が細かく描写されてて意外と面白かった

イスタンブールの群狼
スポンサーサイト

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

comment

Secret

プロフィール

ダイサコ

Author:ダイサコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード